エッチしたいな.com

トップページ > 熟女と濃厚なエッチをしてみたい

熟女と濃厚なエッチをしてみたい

18才未満は退出してください



私は今まで自分より年下の女性としかエッチをしたことがなかったのですが、30歳の時に42歳の女性と出会い、短い期間でしたがお付き合いすることになり、エッチもしました。その女性を抱いた時に若い子の体とは違う柔らかさやエロさ、何より積極的で濃厚なエッチに完全にハマってしましました。残念ながらすぐに別れてしまい、エッチは出来なくなってしまいましたが、体の感触やエロさが忘れられなく、また熟女とエッチしたいと思うようになり、ネットで出会い系サイトを検索し、熟女とのエッチ目的で相手を探しました。今までにも出会い系サイトは利用したことがありましたが、熟女には全く興味がなかったので話もしたことがなかったのですが、若い子よりも年上の方がたくさん登録していることを知り驚きました。すぐに相手が見つかりそうだったのでかなりわくわくしながら女性を探しました。とりあえず40歳から50歳までの女性に手当たり次第に声をかけましたが、最初はなかなか相手にしてもらえませんでした。「エッチしたい」を全面的に押し出していた部分もあり見つからなかったようで、とりあえず年上の方に興味があるのでお話を聞いてほしいというスタイルで声をかけていきました。そうするとすぐに3人の女性とメールすることができました。42歳、45歳、48歳でした。とりあえずエッチがしたかったので、どの女性でも良かったのですが、話の弾み具合で45歳の女性にまず狙いを決めて主に連絡を取りました。連絡を取りだして2週間で一度会うことにあり、喫茶店で食事をしました。その日はお互いに様子を見る感じで何もなく終わりましたが、相手の女性は会って話をして安心したのか、会った後からのメールは女性の方が積極的で、エッチな話をどんどんするようになり、次に会う時は最初からホテルで会うことになりました。最初からエッチ目的で会ったのでお互いにあまり緊張もなく、積極的にエッチをしました。期待通り、抱いた時の体はとても柔らかく、エロかったです。そしてエッチに積極的でこちらがお願いすると嫌がりながらも何でもしてくれ、めちゃくちゃ興奮できました。その女性とは一年程セフレ関係を継続することができました。
「年齢は34歳、会社員です」

秘密厳守!割り切りのお付き合い【完全無料】



思惑とはずれたけど女子大生とHした話



社会人になって金もある程度自由に使えるようになった頃、ネットである出会い系サイトを利用していて、エッチしたいと思っていた中、女子大生と出会いました。
女子大生は2年生で就職活動もちょっと先でフリーな時間もあり、学業は充実していても、プライベートは全然充実しておらず、友達も少なくて遊びたいのに遊べないということでいろいろと相談にのりつつ、愚痴を聞いたりアドバイスをしているうちに、2人で遊ぶかという話にもっていくことに成功しました。
この話の上で確認しておいたことが2つあって、遊ぶ金や食事代はこちらがもってあげること、そして出会ってみてダメだと思ったらさっさと帰ってもらって構わないということを念押ししておきました。
基本的に出会う時は強引ということが嫌いで、相手に好意をもってもらってHする方がいろいろと楽しめるという経験上、相手がダメだと思ったらさっと引いてもらい、こちらの出費なども抑えることを考えていました。

待ち合わせ場所にやってきた女子大生は、はっきりいって「地味」な子でした。
黒髪で長く、メガネをしていて大人しめの服を着ていて、派手さとか過激さというものとは無縁といった感じの子だったんですが、個人的にはそういう子がむしろ好きだったのでストライクでした。

こちらを見た彼女を観察していたんですが、どうやら気に入ってもらえたなということがひしひしと伝わる感じでした。
そこから食事に誘っても嫌がる素振りもなくむしろ嬉しそうについてきてくれましたし、食事も照れながら、それでも楽しそうにしていました。

その後、思惑と外れたことが起こります。
そろそろホテルに誘おうかと思っていたら、女子大生が家に来ないかと誘ってきたのです。
エッチしたいとは思っていたものの、まさか地味で奥手っぽい女子大生から誘われるとは思っておらず、なにかの罠かなと警戒しつつも、彼女についていきました。

彼女の一人暮らしの家は思ったより広かった印象です。
ぬいぐるみなどもあって女の子らしいなと思いつつ、リビングに座って部屋を眺めていたら、彼女の方から密着してきたんです。
どうやら思った以上に気に入られていたんだなと思いつつ、その流れを大事にしながら、Hをしました。
男性経験がほぼないと言っていましたし、Hをしてみても経験が薄いんだろうということを感じたので、いよいよ本当なんだなと思い、こちらが主導権を握って、男性が喜ぶように仕向けたり、いろいろとやったことがないだろうなということをしてみました。
彼女もはじめてのことに驚いたりしていましたが、どんどん慣れていって乱れていく姿を見るのは楽しかったです。

見た目とは裏腹のすごくHな女性というのは過去に経験もあったんですが、あそこまで見た目と迫る時、Hの時のギャップがある女性はあの女子大生が1番でした。

25歳|会社員

Hな物語はいかが?【完全無料】


若い子とエッチしたいと思いネットに出会いを求めました



美人の妻を手に入れてから10年が経ち、そろそろ妻もおばさんと言われる顔や体型になってしまいました。
幾ら美人とは言え、おばさん臭くなった妻とエッチをするのは正直嫌になったので、私は若い子とエッチしたいと思うようになったのです。
私も妻同様に伯父さんと呼ばれる年にはなりましたが、まだまだ精力は衰えていないので、若い子とバンバンエッチしたいと思いました。
そんな私の願いを叶えてくれるのはネットしかないと思い、私は出会いサイトを使う事にしたのです。
しかし出会いサイトで若い子を見つけても、私の様なオジサンは相手にしてくれず、なかなか思うようにはいかなかったのです。
ところがそんな私に、出会いサイトを通じて声を掛けてくれた若い子が居ました。
その女の子は私のような年上のオジサンが好きと言ってくれ、私とエッチしたいとまで言ってくれたのです。
私はそんな彼女の言葉が嬉しくなってしまい、うるっとしてしまいました。
彼女はオジサンとエッチがしたくて、私は若い子とエッチがしたかったので、お互いの利害が一致して直ぐに私たちは仲良くなれたのです。
そして私たちは話半ばで、ラブホテルへと行く事にしました。
ラブホテルの部屋に入るやいなや、彼女は服を脱いで素っ裸になり、シャワールームへと入りました。
私もその後を追いかけて急いで服を脱ぎ、シャワールームへと入ったのです。
そしてシャワーをじゃんじゃん流しながら、熱いキスを交わしました。
それから私の手は彼女のおっぱいへと伸び、可愛らしく締りの良いおっぱいを無我夢中で揉みまくったのです。
それで彼女は気持ち良くなったのか、小さな喘ぎ声を出す様になりました。
彼女の喘ぎ声を聞いた私は興奮して来て、片手を彼女のアソコへと伸ばしました。
そしてアソコの中に指を押し込み、激しく動かしたのです。
それで彼女のテンションは一気に上がり、喘ぎ声がどんどん大きくなりました。
しばらくそれを続け、彼女と私のテンションがマックスに達しようとしたとき、私は彼女のアソコに自分のいきり立ったちんちんをねじ込んだのです。
そしてグイグイと腰を動かし、彼女のアソコのヒダヒダを十分堪能していると彼女はイッタようで、その後を追いかけるように私もイカセてもらったのです。
若い子好きの私とオジサン好きの彼女はこの後もエッチを楽しむ仲となり、お互いに欲望を果たし合っています。

「30代|会社員」


写メ見てセフレをゲット!【完全無料】