エッチしたいな.com

トップページ > 24歳のイケないコと

24歳のイケないコと

18才未満は退出してください



若い時は体がイケればそれで満足だったのが、年齢を重ねるとそうも行かなくなる。
自分が思い描く性的妄想を満たしてイキたい、簡単に言えば脳でイキたい。

しかし、子供が出来たことで更に体に触れることを嫌がるようになった妻にそれを要求できるわけでもなく、かといってAVで一人燃焼するのもバカらしく、ヘルスやソープに行くまでの金もなく。
ああー、とにかく生身の女と自分を妄想を満たせるエッチしたい。
できれば若い女のコと。

そんな俺の願望を叶える出会いをくれるのは、手軽に手を出せそうな出会い系ネットか。

中には10も20も年上の男じゃないと満たされないなんていう女のコばっかり集めた『枯れ専倶楽部』なんてサイトもあり、中年も超えて老年に入ろうとする俺のような男にはうってつけの出会いの場である。

そこで見つけた彼女。
「24歳、既婚です。色々含めて付き合って行けたらと思ってます。まどか」

24歳ということは、15歳下か。
見た目は、日テレの昼番組の人気アナウンサーを、ちょっときつくした感じらしい。
現在足の骨折のリハビリをしていて仕事していないそうで何度かやり取りするうちに、病院の帰りに会うことになった。

同い年の男と結婚して2年ほど経つようだが、満たされない生活をしているらしい。
そうかそうか、このおじさんが色々手ほどきしてしようではないか。
しかし最初からやる気満々だと相手も引いてしまうだろうから、飽くまで初対面は紳士的にやり過ごすべきだ。
池袋のあるカフェで、落ち合おうことになった。

実のところ、あまり顔やスタイルは期待していなかった。
こういうのもなんだが、出会い系で男を探してる以上、よほど男に相手にされないのか、あるいは誰でもいいと思ってるかどちらかの女しか来ないんじゃないかと。
「初めまして」
少し自信なさげに挨拶した彼女の見た目に、息を飲んだ。
まだこんな物件が残ってるなんて。
紳士とかなんとか言ってる場合じゃない、このコを逃したら一生後悔する。
軽く話をして和んだあと、彼女が俺に対する警戒心が和らいだのを確認し、耳元で囁いた。
「今日、貴方とエッチしたい」

少し早いと思ったが、彼女を見た瞬間色々妄想が抑えきれなくなったのもあり、つい言ってしまった。
そんなつもりじゃないですから、と冷たくあしらわれるかもと言う恐怖もあったけど返って素直に告白したのが良かったのか、そのままパルコの裏のホテル街へと進む俺のあとにすんなりと着いてきた。

部屋に入っても緊張している彼女をベッドに座らせ、足を開かせると、恥ずかしそうに彼女は言う。
「私、一人ではイケるけど、男の人としてもイケなくて・・・」
同い年の若い旦那とだと、相手は先にイっちゃうから満足しないままでいつも終わってしまうようだ。
下着の上からクリトリスのあたりを触ると、小さく喘いだ。
下の方は毛が透けて見えるほどびっしょり濡れている。
エッチ自体は嫌いじゃないようだ。
というより、触れば触る程どんどん反応して彼女が興奮していってるのがわかる。
上着のシャツのボタンを外すと、着痩せするらしい彼女の華奢な印象からは程遠い大きなおっぱいとその快感に乱れた童顔な顔が相まって実にいやらしい。
俺が指を動かすたびにきゅっと締まるあそこを弄びながら、俺自身も愛撫するように彼女を股間へと導いた。
あそこは遊び慣れていなくてもフェラは慣れているようで思わずイキそうになるのを抑えて彼女の中に俺をうずめていく。
足をまっすぐ伸ばしてクリトリスを擦るように深く突くと、どうもそれが気持ちよかったみたいで、
「うそ・・・なんかイキそうなんだけどっ・・・」
と彼女が言ったあと、あそこの中がきゅうっと締まり、イったのがわかった。

今回は俺の妄想通りにエッチは行かなかったけど、終わったあとの彼女の台詞が忘れられない。
「次は、どんなことしてくれます?」

39歳 フリーカメラマン


変態集まれ!【完全無料】


サイトから発展した刺激的なえっちしたい大人の関係



仕事でコンピュータを頻繁に使うので暇な時間をどうするか考えました。大抵はアダルトサイトをチェックしているのですがそれでも退屈でした。そういった時に出会いがあるというサイトを見つけたのです。
そこは大人が恋愛できるような掲示板があって色々なユーザーがいました。私はネットからの書き込みが得意だったので直に上手く活用しました。そして、結果的に同年代くらいの女性と遊ぶことができたのです。
遊ぶと言ってもそこは真面目なサイトだったので積極的にはなれませんでした。相手からは何度もメールをしてもらっていたのでいつか実際に会話したいと思いました。その瞬間は直に訪れたので自分は必死に準備した覚えがあります。
お互いに分かる場所をメールして次の日に会いに行きました。女性は軽い服装で見た目が非常にクールな雰囲気でした。私は少しきつそうな女性だと思って会話をしました。
意外に相手はラフな感じだったので好きな話ができました。その日はあまりいやらしいことは考えていなかったので、食事をしてから好きなことをしました。
私は近くのショップを見ようとしていたのですが、女性の様子が少しおかしかったので尋ねました。すると女性が小声でエッチしたいと言ってきたので驚きました。その様子が可愛かったので自分はその気になりました。
場所はホテルで直にセックスをする状態になりました。ホテルの中は清潔でより気持ちを昂らせてくれました。女性はスレンダーな体型を見せてくると直に激しく求めてきました。
エッチしたいと言ってきた相手はこの日にセックスをするつもりだったようです。それは相手のストレス解消で自分は付き合ったという感じでした。サイトからは真面目な雰囲気があったので意外な発見でした。
セックスは常に女性優位という感じで責められました。相手は非常に興奮していて全身が濡れている感じがエロティックでした。私は何度も絶頂してまさに搾られたという感じです。
その後はホテルで余韻に浸っていましたが、時間になったのでお互いに帰りました。帰る時にまた会う約束をしたので次のセックスが楽しみになりました。

デザイナー|25歳


こんなにご近所に変態さんが!【完全無料】