エッチしたいな.com

エッチしたいな.com

18才未満は退出してください


完全無料でのセフレ募集はこちら!
↓↓↓↓↓


自分は42歳になる中年男性。言わばおじさんの年代です。
しかも未だに独身… この歳になると中々良い出会いにも
巡り会わず淡々とした日々を過ごす毎日です。
やはり男であれば奇麗で可愛い女の子と出会ってエッチしたいって思うのが普通なのかもしれませんが、やはりお金を払っての風俗で済ませてしまう感じです 笑

以前は出会い系サイトなんかも使っていてかなりの人にお会いしました。その頃は自分も歳も若かったので下心丸出しで望んでいました 笑 その頃って大体エッチしたいっていう願望持っている男ばかりだったんじゃないでしょうか。女性の方もごくわずかは真剣に出会いを求めての登録の方もいましたがやはり遊びで登録して出会う人も多くて中々興味深いものでした。

ネットを通じて出会うという事になれてしまったので、他のSNSを通じて出会いを求める様にもなってきて某サイトでも
元々普通に登録をして日記を書いたりして趣味を通じて人と繋がりを求めていたのですが、こちらでも女性と会う事を模索してしまいました。
お会いしたのは当時30歳ぐらいの病院で仕事していた方、仕事が不規則だから出会いも少ないと言われていて話も盛り上がっていて逢う約束になりました。

それまで出会い系で逢う女性は大体一癖も二癖もある人ばかりで
若干経過ももしていたのですが、お会いすると全然実年齢を感じさせない外見で美人さん。言うまでもなく、心の中でガッツポーズしました 笑

基本プランも無い状態で街をプラプラして近くの居酒屋さんへ
入りました。自分は人見知りな方ですが話し始めたら巧く話せる方、逆に話が続かないと盛り上がらない感じなのですが、初対面の割には本当普通に話出来て盛り上がる事が出来ました。
食事してそのままBARへ行ってその日は別れました。
次ぎ逢う約束も取り付けて…

自分は趣味が音楽鑑賞でライブも良く行くので、観に行く予定の
ライブに誘う事にしました。
夜勤続きで眠そうで開演中眠りそうになってたのですが
そこは暖かく見守って 笑 楽しく時間を過ごす事が出来ました。

それなりに良い感じになってたと思うのですが、
友人が思わず「この前、連れてた人と違う」と漏らしてくれたのでそこが駄目になった発端。
その女性も「そんなに沢山逢ってるんですか」と若干切れ気味に
なりました。
自分は友人が少なかったのでネット上で知り合った良く逢ってました。出会いを求めてはいましたが友人も欲しかった。
エッチをしたいとか欲求ももちろん有りはしましたが 笑

それからの教訓になりましたが
連れて行く場所は考えてデートはしないといけない。あと友人に余計な言葉は言わせない事と 笑


特別な夜にしてアゲル【完全無料】


出会い系サイトでしてを探しました



しばらく彼女がいなかったのでエッチも長期間していませんでした。
夜中など寂しいと感じているとエッチしたいと考えるようになったので、気軽に異性を求められるネットの出会い系サイトを利用しました。
今までも利用したことがあったのですが、出会ったことはありませんでした。
今回は出会えるように気合いを入れて異性を求めました。
中の掲示板に書かれている内容で良いと判断した女性に対してメッセージを送りました。
その女性も寂しい思いをしてるようで、私と共感できるところが多かったのです。
メッセージのやり取りをしているといつ会うの?という話になったので、相手も積極的だと感じ、久しぶりのエッチを期待しました。
それからは住んでいる場所も近かったことから、会う場所を決めて、実際に会うことになったのです。
顔写真だけは見ていたので、何と無く顔は分かっていたのですが、実際に会うまではどのような人なのか気になっていました。
待ち合わせ時間になるとすでに相手は来ていたようで、すぐに私のことを理解してくれました。
私も相手の顔が分かっていたので、その人のことがすぐ分かったのですが、写真の印象よりも綺麗な人だったので、興奮してしまってエッチしたいと考えてしまいました。
その後は居酒屋に入って他愛のない話をした後に相手から求められているのを感じたのです。
ボディタッチが増えてきて、私の隣に座るようになっていて、身体をくっつけてきたので、私も我慢ができなくなり、ホテルに行こうと誘いました。
相手は無言で頷いてくれて、すぐに近くにあるホテルに行きました。
久しぶりのエッチだったので、酒も入っていたこともあってホテルに行くまで興奮していたのですが、部屋に入ってシャワーを浴びると落ち着いてきました。
相手もシャワーも浴びて、それからエッチが始まりました。
私は久しぶりであったために気持ちが良く、二回戦目もすぐに始まって私は満足しました。
それからもその人とは定期的に会ってエッチをしています。


セフレをゲット!【完全無料】



広壮な屋敷に住む熟女と午後の宴



自宅を出たときは小降りだった雨が、●舞に着くころには本降りになっていた。
(予報では、夜半まで大雨にならないと言っていたのになぁ)
80年型アコードのフロントガラスを激しく叩く雨音。左右に規則正しく動くワイパーの軋む音。そして、車内に流れるマッシュアップミュージックの魅惑的な音。
それらすべてが、私の気持ちを昂揚させていた。

今、私は●舞にある淳子の家に向かっている。
彼女とはネットの出会い系サイトで知り合った。最初から奇を衒わず、成功法でメッセージを送信した。
「それで、私とエッチしたいの?」
「ええ。できるなら、そう願いたいのですが・・」
「そう、エッチしたいの・・」
それまで何度もやり取りしていた淳子のメッセージが、急に途絶えてしまった。
(やっぱり性急過ぎたか・・)
そんな後悔が脳裡を過った瞬間、返信がきた。
「それじゃ、明後日、こちらまで来て下さるからしら?私、人混みは嫌いだから」
「いいですよ。淳子さんの家、どちらですか?」
「●舞です」
●舞は、○○市郊外にある高級住宅街だ。
「近くまでいらしたら、電話下さるかしら」
「いいですよ。では、明後日の午後二時頃にそちらに着くように家を出ることにしますね」
「ええ、では明後日、楽しみにしていますわ」

●舞の街が近づいてきた。
「あの〜、もうすぐ●舞に到着するところなのですが・・」
「じゃ、△△街道と幹線道路が交差する地点で左折して下さい。そう、一つ目の交差点です。そこから四百メートルほど山中に入ったら、家が見えてくると思いますから・・」
そんな簡単な説明で行き着けるのか不安だったが、それは杞憂であることが直ぐに分かった。

淳子に言われた通りに一つ目の交差点で左折して、なだらかな山道を登り始めると直ぐに、鬱蒼と生い茂った林の中に大きな屋敷が見えてきた。
一本道の道端に車を駐め、透明のビニール傘を差して、外に出た。雨脚がさらに激しくなっている。

宏壮な洋風建築の屋敷は威容を放っていた。
青銅の格子の表門に着き、インターフォンのボタンを押して来意を告げた。
「はい、○○さんですか?」
「はい、そうです」
「今、開けますから・・」
そう言うが早いか、私の背丈以上ある大きな門が、遠隔操作でゆっくりと開き始めた。私の想像を遙かに超える豪邸だった。
百メートルは歩いただろうか。ようやく玄関に辿り着いた。
玄関脇の大理石の壁に取り付けられたベルを押そうとした瞬間、樫材のドアが開いた。
「ようこそ、○○さん。お待ちしていましたわ」
紫色のニットのアンサンブルの女性が、華奢で小柄な体格には意外な、少し低い声で話かけてきた。
「さぁ、どうぞ中に入って下さい」
アンサンブルの下には、何も付けていなかった。豊満な双丘のてっぺんに乳首が浮き出ている。それを見た途端、下半身に痺れを感じた。
「どうも、初めまして。○○です」
「大雨の中、遠くまで来て頂いてありがとうございます」
「いえ」
「今日は、その分サービスしますからね」
淳子は、わざと俗っぽい口調で言った。口の端に笑みが浮かんでいる。

リビングルームの南向きは全面が洒落たガラス張りになっていた。窓の向こうには芝生を敷きつめた広々とした庭が見えた。
「何かお飲みになります?」
「じゃ、珈琲をブラックで」
キッチンに向う淳子の後ろ姿は、さらに艶めかしかった。オフホワイトのタイトスカートに包まれたむっちりとした臀部は、男の一物を待ち構えているかのように左右に揺れた。

暫くすると、銀製のトレイに二つの珈琲カップを載せて、淳子がリビングルームに戻ってきた。高価そうなガラスのテーブルにトレイを置くとき、彼女の双胸が大きく揺れた。生唾をゴクリと飲み込む。その瞬間、私は淳子の見事な女乳を鷲掴みにしていた。
「な、何をするんですかぁ?」
そう言う彼女の唇を、唇で覆い尽くしながら、なおも淳子の巨乳を揉み続けた。
「待って。ここではイヤです。ベッドルームに行きましょう」

その後、お互いに行き果てるまで、男女の性宴が繰り広げられた。


エロエロな写メ【完全無料】


「ねぇ、俺に任せてみない?」と言われてセフレになりました



セフレと私の出会いは、まだ2か月前くらいのことです。なんとなく登録した出会い系サイトで彼のほうから「一緒に遊びませんか?」と誘ってきたことがきっかけでした。その時は、まさか彼と私がセフレになるとは想像すら出来ませんでした。

というのも私自身、出会い系サイトというものをもっと軽く考えていたからです。「彼氏もいないし、毎日仕事の後は暇だから、ちょっと飲みに行くぐらいの男友達が出来たらいいな」という程度の感覚で出会い系サイトに登録しました。

一回り年上の彼と会った時の第一印象は、決して悪いものではありませんでした。ごくごく普通の大人の社会人といった感じだったので、お酒を飲んだら色々な話が聞けて面白いかもしれないと思っただけです。

個室のある落ち着いた雰囲気のお店で静かにお酒を飲みながら、簡単にお互いの自己紹介をして、あとは世間話をしました。そこまでは、ごくごくノーマルな感じだったと思います。

話題がエッチな方向に向かっていったのは、過去の恋愛話をするようになってからだと思います。最初は、どんな場所で出会ってどんな彼だったのか?といったような内容でしたが、酔いも回ってきた頃になって、向かいに座っていた彼が急に私の横に座り直して、「で、彼とのエッチはどうだったの?」と小声で訊いてきたことが始まりでした。

「やだー!そんなこと訊きたいの?」と私が笑うと、彼は私の肩をグッと抱き寄せて「いいじゃーん、教えてよ」というのです。私が返答に困って笑ってごまかそうとしていると、「そういう点ではあまりいい彼じゃなかったんでしょう?ちゃんと○○ちゃんのこと、満足させてくれていたの?」と耳元で言い出しました。彼の息が耳元にかかって、ゾクゾクしたその時に「ねぇ、俺に任せてみない?嫌だったら、いいけどさ・・・」とつぶやきながら彼は私の耳たぶを噛んだり首筋を舐めたりし始めたのです。さすがの私も腰がくだけてしまいました。その後はホテルで何度もイカされて、彼の虜になってしまいました。最近は彼から「会いたい」と言われる度に会いに行って抱かれるような関係です。

26歳 女性会社員